『アクアマン』 海底王国のスーパーヒーロー!

当ページのリンクには広告が含まれています。
アクアマン

人間として育てられた海底人がアトランティスを救う!

制作:DCフィルムズ
配信開始:2024年1月12日(見放題)
動画時間:143分(2時間23分)
年齢制限:なし
ジャンル:ファンタジー アクション
おススメ度:

【原作】
・ DCコミックス『Aquaman』

【監督】
・ジェームズ・ワン

【脚本】
・デヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック
・ウィル・ビール

【キャスト】

・ジェイソン・モモア
・アンバー・ハード
・ウィレム・デフォー
・パトリック・ウィルソン
・ドルフ・ラングレン
・ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世
・ニコール・キッドマン

目次

『アクアマン』とは

アクアマン』は、2019年に公開されたアクション映画。

原作はDCコミックスで、設定やストーリーは原作をベースにして作成されている作品。

主人公は人間として育てられた「海底王国アトランティス」の末裔にして、海の生物をすべて従えて戦うことができる男・アクアマン。

地上を超える未知の文明をもった「アトランティス帝国」が海を汚す人類への侵略を始め、アクアマンは人類を守るために「海底帝国」や「最狂の巨大モンスター」らと戦うストーリーです。

あらすじ

“冒険と驚異の映像、怒涛のスペクタクル” 『アクアマン』では、1人の英雄の誕生秘話が明かされる。

人間とアトランティスの2つの血を引くアーサー・カリーは、自身の運命を確かめるための旅に出る――

自分は何者なのか、本当に王となるべき男なのか……それを見極めるために。


プライムビデオ より引用

『アクアマン』の主な登場人物

アーサー・カリー / アクアマン

演 – ジェイソン・モモア
日本語吹替 – 安元洋貴

「アトランティス帝国」の元女王であるアトランナと、人間の父との間に生まれた屈強な男性。

驚異的な身体能力と、海に住む生物とのコミュニケーション能力を持つ。

「アトランティス帝国」が人類への侵略をはじめたため、人類を守るため立ち上がる。

メラ

演 – アンバー・ハード
日本語吹替 – 田中理恵

「海底国ゼベル」の王女。

水を操ることができ、高い戦闘能力を持つ。

侵略に反対で、アーサー(アクアマン)に手を貸すことになる。

バルコ

演 – ウィレム・デフォー
日本語吹替 – 多田野曜平

アトランティス帝国の参謀。

少年時代のアーサーに泳ぎや戦闘術を伝授した。

オーム王 / オーシャンマスター

演 – パトリック・ウィルソン
日本語吹替 – 中村悠一

「アトランティス帝国」の王であり、「オーシャンマスター」を名乗る男。

海を汚す人類を嫌っており、人類支配のために侵略を開始する。

アーサー(アクアマン)とは異父兄弟の関係にある。

デイビッド・ケイン / ブラックマンタ

演 – ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世
日本語吹替 – 濱野大輝

海賊。

潜水艦に略奪行為をしていた際にアーサー(アクアマン)が現れ、その戦いで父を失う。

そのせいで、彼への復讐に燃える。

アトランナ

演 – ニコール・キッドマン
日本語吹替 – 沢城みゆき

アトランティスを治めていた前女王。

アーサー(アクアマン)とオーム王の母親。

トム・カリー

演 – テムエラ・モリソン
日本語吹替 – 丸山壮史

アーサーの父親。

『アクアマン』の評価や口コミまとめ

Amazonプライムビデオユーザーの評価

アマゾンユーザー評価は星5つ中の4.1と高評価。

(2024年1月現在)

国内最大級のドラマレビューサイト 「Filmarks(フィルマークス)」での評価

「Filmarks(フィルマークス)」では平均スコア★3.7と良評価。

(★5つが最高)

(2024年1月現在)

アメリカの評論サイト「Rotten Tomatoes」での評価

アメリカの評論サイト・「Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」では、批評家支持率66%、観客支持率72%という評価を獲得しています。

(2024年1月現在)

Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」は、全米の様々な作家協会・映画評論家団体が承認したレビュアーによる各映画のレビュー。

一般人も参加することができ、作品ごとに「批評家支持率」と「観客支持率(一般)」のそれぞれのレビューを集計し、賛否の平均値を点数として掲出されています。

ちなみに名称である「Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」とは”腐ったトマト”の意味を持ち、「ひどい演技や演出に怒った観客が腐ったトマトなどの野菜類を舞台へ投げつける」という、映画や小説でよく出てくる表現から名付けられました。

批評家支持率は「映画評論家」による評価。

細かく審査されており、厳しい評価がされることが多い。

Freshマーク
・Freshマーク『Certified Fresh(新鮮保証)』(最高評価)
肯定的レビュー75%以上でいくつかの基準を満たし評価の信頼性がある作品


フレッシュトマト
・赤いトマト『fresh(新鮮)』
肯定的レビュー60%以上


緑の腐ったトマト
・緑の腐ったトマト『rotten(腐敗)』
肯定的レビュー60%未満


灰色トマト
・白黒トマト
まだリリースされてないor評価が少ない

観客支持率は「一般人」による評価。

面白ければ、だいたい評価が高い。


満タンポップコーン
・満タンポップコーン(最高評価)
星3.5以上が60%以上


倒れたポップコーン
・倒れたポップコーン
星3.5以上が60%未満


白黒ポップコーン
・白黒ポップコーン
まだリリースされてないor評価が少ない

「だいちん」の評価

だいちん

あんまり期待してなかったんですが、けっこうおもしろかったです。

特にCGのクオリティが凄くて、水が襲ってくる表現や海中の映像の美しさは迫力抜群ですね。

それにストーリーは世界を救う冒険にでるというシンプルなものなので、細かいことは考えずに気楽に楽しめちゃえます。

視聴後は妙な爽快感が得られるのと、現在(2024年1月)次回作である『アクアマン/失われた王国』が公開中ですので、それの予習に観てはいかがでしょうか?

『アクアマン』の視聴方法

アクアマン』はAmazonアマゾンプライムビデオ以外でも視聴できます。

しかし「プライム会員」であれば、追加料金など発生せず会費に含まれる形で視聴可能なんです!

「プライム会員」とは

プライム会員」とは「Amazon(アマゾン)の有料会員」サービスのことで、

・注文した商品の配送料無料
・「お急ぎ便」・「指定便」無料
・「Prime Video(プライムビデオの動画が見放題
・「Amazon Music(アマゾン ミュージック)」で音楽聞き放題
・「Prime Reading(プライムリーディング)」でマンガ・雑誌読み放題
・「Amazonフレッシュ」が利用可能

など、月額600円税込)で嬉しい特典が盛りだくさんのサービス。

一括年間払いの場合は5,900円税込)

「月額」か「一括年間払い」かを選択できます。

しかも「プライムビデオ」では10,000本以上の「映画」・「アニメ」・「ドラマ」・「過去の名作」にくわえ、”ここでのみ視聴できるオリジナル作品”が見放題!

さらに今年公開されたばかりの最新作もレンタル・購入することができ、多くのコンテンツを視聴することができます。

プラン 月間料金年間料金無料体験期間
月間プラン600円7,200円1ヵ月
年間プラン一括払いとなります。
月額にすると約492円
5,900円 (1300円分お得)1ヵ月

また、30日間の無料体験期間がついていますので、好きな作品がないなと思ったら期間中は無料で退会可能です。

退会費用などはございません。一か月を過ぎると自動更新されて料金が発生します。

最高のショッピング体験ができるうえに、「Prime Video(プライムビデオ」や「Amazon Music(アマゾン ミュージック)」など、さまざまなエンターテイメントも楽しめるコストパフォーマンス最強のサービスです!

5年以上「プライム会員」ですが、自分的にはこれ以上のサブスクリプションはないと思ってますね。

今ならリスクなしで30日間アマゾンプライムの良さを実感できますので、ぜひお気軽にお試しください。

Amazonプライム登録する10分で登録できます

↓コチラから

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事へ

学生さんなら半額かつ6ヵ月体験が無料!

学生さんの場合、「Prime Student(プライム スチューデント)」に登録すると、通常会費の半額でプライム特典を利用できます。

「小学生」・「中学生」・「高校生」は不可。「大学生」からお申込できます。

なお申し込み時には、「学生」であることを証明する必要があります。(学生証など)

また、「Prime Student(プライム スチューデント)」の無料体験期間は6ヶ月間ですので、お気軽にお試しください。

プラン 月間料金年間料金無料体験期間
月間プラン300円3,600円6ヵ月
年間プラン一括払いとなります。
月額にすると約246円
2,950円(650円分お得)6ヵ月

Amazonプライム登録する10分で登録できます

↓学生さんはコチラから


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次